建築家2人が集った設計事務所

西宮の建築設計事務所

設計監理料

設計監理料

業務報酬

業務報酬について、国土交通省告示でその算定方法や基準が定められています。
その国土交通省告示第1206号が廃止され、2009年1月17日に国土交通省告示第15号が新たに公布されました。
建築種別(用途、難易度)と工事規模(床面積)、業務種別(総合‐意匠・総括、構造、設備)により設計の手間や監理の手間(人件費や技術力など)に応じて算定します。

業務報酬(設計監理料)=直接人件費+諸経費(直接経費・間接経費)+技術料+特別経費

直接人件費 設計等の業務に直接従事する者の給与、諸手当、賞与、退職給与、法定保険料等の人件費の一日当たりの額に当該業務に従事する延べ日数を乗じて得た額の合計
直接経費 印刷製本費、複写費、交通費等の設計等の業務に関して直接必要となる費用の合計
間接経費 設計等の業務を行う建築士事務所を管理運営していくために必要な人件費、研究
調査費、研修費、減価償却費、通信費、消耗品等の費用の合計
技術料 設計等の業務において発揮される技術力、創造力等の対価として支払われる費用
特別経費 出張旅費、特許使用料その他の建築主の特別の依頼に基づいて必要となる費用の合計

当事務所は、建設省告示第15号に準じて、設計報酬を算定していますがあくまでも基準にしている
金額です。実際には建築主と話し合いの上、設計監理料を決定しています。
業務内容により作業量も違いますし、当然工事金額や工期も違いますので、希望に合せて柔軟に対応できますのでお気軽にご相談下さい。

概算業務報酬

国土交通省告示第15号では、建築の種別を類型-15種・用途-第1類・第2類に分類しています。
1-物流施設     第1類(標準的なもの) 第2類(複雑な設計等を必要とするもの)
2-生産施設     第1類(標準的なもの) 第2類(複雑な設計等を必要とするもの)
3-運動施設     第1類(標準的なもの) 第2類(複雑な設計等を必要とするもの)
4-業務施設     第1類(標準的なもの) 第2類(複雑な設計等を必要とするもの)
5-商業施設     第1類(標準的なもの) 第2類(複雑な設計等を必要とするもの)
6-共同住宅     第1類(標準的なもの) 第2類(複雑な設計等を必要とするもの)
7-教育施設     第1類(標準的なもの) 第2類(複雑な設計等を必要とするもの)
8-専門教育施設
研究施設     第1類(標準的なもの) 第2類(複雑な設計等を必要とするもの)
9-宿泊施設     第1類(標準的なもの) 第2類(複雑な設計等を必要とするもの)
10-医療施設     第1類(標準的なもの) 第2類(複雑な設計等を必要とするもの)
11-福祉・厚生施設  第1類(標準的なもの) 第2類(複雑な設計等を必要とするもの)
12-文化・交流
公益施設     第1類(標準的なもの) 第2類(複雑な設計等を必要とするもの)
13-戸建て住宅(詳細設計及び構造計算を必要とするもの)  第1類
14-戸建て住宅(詳細設計を必要とするもの)        第1類
15-その他の戸建て住宅                  第1類

上記の建築物の類型ごとに設計監理に係る標準業務人・時間数を告示第15号の別表1の1から別表15までの表に掲げています。
ここでは一戸建ての住宅について(13・14・15)当事務所の設計監理料を算定しています。

■別表第13 戸建て住宅(詳細設計及び構造設計を必要とするもの) 第13号 第1類

(単位 人・時間)

床面積の合計 100㎡ 150㎡ 200㎡ 300㎡
(1) 設計 総合 710 760 800 860
構造 140 180 220 290
設備 110 130 140 150
(2) 監理 総合 180 240 290 390
構造 30 48 66 100
設備 38 49 59 77

西田順紀アトリエ 概算業務報酬

直接人件費 時間 810 1000 1090 1250 (単位 人・時間)
費用(P) 3,115 3,500 3,815 4,375 (単位 千円)
諸経費 P×0.4 1,246 1,400 1,526 1,750 (単位 千円)
技術料
0~0.2
0 175 381 875 (単位 千円)
特別経費 設備 (単位 千円)
設計監理料 4,361 5,075 5,722 7,000 (単位 千円)

■別表第14 戸建て住宅(詳細設計を必要とするもの) 第14号 第1類

(単位 人・時間)

床面積の合計 100㎡ 150㎡ 200㎡ 300㎡
(1) 設計 総合 350 490 610 850
構造 81 97 110 130
設備 110 130 140 150
(2) 監理 総合 180 240 290 390
構造 30 48 66 100
設備 38 49 59 77

西田順紀アトリエ 概算業務報酬

直接人件費 時間 460 730 900 1240 (単位 人・時間)
費用(P) 1,610 2,555 3,150 4,340 (単位 千円)
諸経費 P×0.4 644 1022 1,260 1,736 (単位 千円)
技術料
0~0.2
0 127 315 868 (単位 千円)
特別経費 設備 (単位 千円)
設計監理料 2,254 3,704 4,725 6,944 (単位 千円)

■別表第15 その他の戸建て住宅   第15号 第1類

(単位 人・時間)

床面積の合計 100㎡ 150㎡ 200㎡ 300㎡
(1) 設計 270 360 430 570
(2) 監理 120 170 210 290

西田順紀アトリエ 概算業務報酬

直接人件費 時間 390 530 640 860 (単位 人・時間)
費用(P) 1,365 1,855 2,240 3,010 (単位 千円)
諸経費 P×0.4 546 742 896 1,204 (単位 千円)
技術料
0~0.2
0 92 224 602 (単位 千円)
特別経費 任意 (単位 千円)
設計監理料 1,911 2,689 3,360 4,816 (単位 千円)

□ 13・14については直接人件費総時間は総合のみで計算しています。
(構造・設備費用も含んでいます)
□ 特別経費は計画地が遠方等、特別な場合計上させていただきます。
□ 上記費用に消費税5%計上されます。
□ 別途費用
・敷地測量、地盤調査に係る費用
・住宅の品質の促進等に関する法律
住宅性能評価に係る業務
・省エネルギー法に関する業務
・建築物総合環境性能評価(CASBEE)に関する業務
・確認申請に要する申請手数料
・その他 打合せによります

● 建物規模による設計監理料算定はあまり見慣れないと思いますが、上記の金額は目安としてお考えください。工事金額の何%という表現で換算しますと一般的な木造住宅の場合工事金額(工事予算)の約10%前後程度とお考え下さい。実際の設計監理料は業務内容や工事規模により相談の上決定させていただいております。