建築家2人が集った設計事務所

西宮の建築設計事務所

岡本の家

岡本の家

庭園を眺めることが出来る終の棲家として

阪急岡本駅から徒歩圏の閑静な住宅街。南側、東側は六甲山からの河川に挟まれており独立性の高い土地で終の棲家として計画です。
全面改装、新築も含め三件目のお住まいの計画であるクライアント様は明確な要望を持っておられました。
お住まいの動線計画、空間構成等々密に打合せさせて頂きました。
打合せを進めるにつれて、築二十数年の現在お住まいである生活動線と重なるようになりました。
住み慣れた生活動線を無理に変える必要は無いのです。
その生活スタイルをより豊かに便利になるように細かな工夫を施し終の棲家として完成しました。
全館空調の空間は扉で閉鎖する必要はありません。格子扉は居間と玄関ホールを繋ぎながら区画しています。
吹抜けは2階ホールまで一体空間として構成しています。
無垢板のフローリング、漆喰の壁、天井の無垢板が自然でやわらかい雰囲気を造ってくれます。
念願であったお庭も広々と確保する事ができました。家庭菜園スペースも設けています。
お休みの日はお庭を眺めながらゆっくり過ごす、お子様、お孫さん達とお庭でバーベキュー、
採れたお野菜をご自身で食べる、念願していた素敵なお住まいとなりました。

概要
・所在地  :神戸市岡本
・構造   :木造 2階建て
・敷地面積 : - ㎡
・延床面積 : - ㎡

 

 

 

 

 

PHOTO
スタジオレム平桂弥